宮城の不動産売却、学べるブログ

宮城で不動産売却をするにあたり、知っておくべき基礎知識やポイントなどを紹介します。

off
2016年8月14日 不動産売却の流れ

宮城の不動産を引き渡す時のポイント

宮城で不動産売却をする時、交渉や手続きが一通り進み、あとは不動産を引き渡すだけという時、ここまでで済ませておくべき手続きなどもあります。

・引渡し前の注意事項

宮城で不動産売却をする場合に、後は引渡しだけという場合、引渡し日までに準備しておくべきものがあります。

所有権移転登記は、司法書士に依頼しますが、不動産業者とも相談して書類の記入ミスがないか確認しておきます。

ローンが残っている場合は、抵当権の抹消手続きが必要です。

土地または建物の場合、土地家屋調査士に境界についてクリアにしてもらう必要があります。

売主と購入希望者、不動産業者が立ち会い現地確認も重要です。

引渡しまでには引越しを済ませておきます。

・引渡しの流れ

いよいよ引渡しとなる時の流れを見てみましょう。

購入希望者が売主に購入金額を支払います。

ローンで購入する場合はローンの手続きを済ませておきます。

お金を受け取って初めて(またはローンの手続きが完了して)、購入希望者に売主が購入希望者に領収書と必要書類一式を渡します。

固定資産税や都市計画税は、日割りとなるので引渡し前日までは売主が、引渡し後以降は購入者の負担として計算されます。

実測図や鍵、保証書などを渡して、引渡し確認書(無い場合もあり)を受け取り、仲介手数料を不動産業者に支払い、不動産業者から領収書を受け取り完了となります。

・まとめ

不動産売却完了までは長い道のりですが、手続きなどは代行してもらえるので安心です。